まいぺーす

関ジャニ∞の大倉くんがすき。アラサーeighterの気まぐれブログ

顔面偏差値高すぎませんか!

こんばんは。

若干遅れてる気もしなくもありませんが……。

みなさん新しいアー写ご覧になりましたか??

わかってたけど……。

 

関ジャ二∞顔面偏差値高くない!?!?!?!?

 

 

f:id:okrrko:20161110000350j:image

 

や、もうみんなかっこよすぎる。

三十路のおじさん達強い……。

ただ、ひとつ。すっごい気になることが。

 

大倉さんの髪型はそれでいいのか。

 

……と、いうこと。

てか、髪型と言いますか右側にメッシュいれてます??

結局どんな髪型でもかわいい!ってなるんだけどどうにも気になって仕方がありませんでした。

 

札幌まであと1ヶ月。

このままのビジュアルなエイトさんに会えますように!

 

 

わりとドライな方だと思ってたんだけどな。

今日発売の某週刊誌。

いやもう見る気なんてまーーーーーーーったくなかったんだけどね。Twitter開いたら載ってたんですよ。

 

お噂の彼女とのツーショットが。

 

夏に最初に噂が出た時。

わたし結構そのへんに関してはドライなのか、芸能人だって普通の人間だし。ああ、好きそうだねー。くらいの感想でした。

 

でもね。ツーショット見たらテンション下がった。

 

で、今。

 

ふつふつと湧き出た感情は呆れ。

 

脇が甘すぎて情けないなーって。

自分の置かれてる立場考えようよって。

 

自分の就いてる職業わかってますか?

たくさんの人に夢を売ってるってこと。

 

あ、なんかイライラしてきた笑

 

うん、でも呆れてもイライラしても結局好きなんです。

当落発表

皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日(日付変わってますが…)ついに当落発表されましたね!

 

関ジャニ’s エイターテインメント

仕事(夜勤)中もドキドキしっぱなし、帰ってきてからも目が覚めるたびiPhoneチェックして…と落ち着かない1日を送ってました。

なのに当落発表された頃、あんなに気にしていたのにわたし爆睡してましたwww

起きたのさっき。どんだけ寝てるんだ!って話ですよね。夜勤明けなんていつもこんなものです笑

 

さて、結果はと言いますと。

この冬も無事にエイトに会えます!!!

 

とりあえず札幌、東京(4日間)、大阪(土日)

大好きな人に会えることが決まってホッとしました。

参戦されるみなさん、楽しみましょう!

 

それではおやすみなさい。

 

Steal your loveが最高すぎる

お久しぶりです。

リサイタル新潟公演が終わってから廃人化してました。

ブログ書こうと思っても何に関してもやる気が出ない最悪な状態に……笑

そんなわたしを復活させてくれたのはやっぱり彼らでした。

 

本日、無事にパノラマフラゲ

 

本当はすべての曲について語るのがいいのでしょうけどごめんなさい。まだ1曲しか聞いてない。もちろんその曲は、

 

Steal your love

tornのユニット曲。購入してから今まで永遠リピート止まりません!他の曲も聞きたいけどSteal your loveがホントに好きすぎる!

 

なんでしょう、tornちゃんって自分たちの需要がわかってるよね。Webでの大倉さんのメッセージで俺たちがやるなら……的なこと書いてたけど。こんなにも需要と供給ががっつり一致するなんて!

もうライブでガシガシ踊るtornちゃん想像するのが楽しすぎて。

あと、わたし個人的に2人の声の組み合わせ、最高に大好きなんです。このふたりのパートがある曲はリピート率が高まるんです。そんな2人の曲が初の音源化……。イヤホンで聞きながら泣きそうになってました。ほんと好き。

 

札幌、楽しみすぎる(まずはチケット当たれ!!!!)

友達からとんでもないバースデープレゼントをもらった話。

昨日、9月4日わたしはまた1つ歳を重ねた。

もうこの年になると誕生日なんてあまりうれしくない。

 

さて、前々から友達(notヲタ)から9月3日から9月5日まであけておいて!わたしの家泊まりきて!と言われていたので3連休をゲットして9月3日に友達の家に行きました。

するとそこには3日分の着替えを手にしたわたしと同じくらい大きな荷物を手にした友達が待っていた。

もう何事!?と頭の中疑問符だらけ。だって友達の家泊まるつもりだもの!どこか行くなんて聞いてないもの!!!

 

そして友達から衝撃的な一言が。

 

「今から沖縄行くよ」

 

はい?おきなわ???は?????

最初何言われたかわからなかったよね。

気づいた時には物凄いでかい声ではああああ?って言っちゃってたけど。

そこでプレゼントとして手渡されたもの。

 

誕生日当日のリサイタルのチケット。

 

友達の妹が事務所担なヲタなのは知ってたけどどうやらエイトの名義も入ってるらしく(妹に頼まれて友達も入っていたらしい)今回わたしの誕生日にエイトのライブがあると知りダメもとで申し込んでみたら4日2部が取れたらしい。

わたし外れたから諦めてた沖縄。

飛行機も、ホテルも、すべて手配済み。共通の友達みんなでお金出し合ったから一人頭はそんなにかかってないよって友達は言ってたけど。

 

なんかもう嬉しすぎて泣いてしまいました。

 

1日目はとりあえず観光。

水族館好きな私は美ら海水族館行けてそれだけで大満足*\(^o^)/*

2日目は午前中お土産買ったり午後も早めに会場行ってとりあえずストラップ買って偶然友達に会ってビックリされたり笑

凄く凄く楽しい時間を過ごせた。

 

リサイタルについてはもうね、席も凄く良くてメンバーとハイタッチしたり最高の誕生日を迎えられました。

そして何より大倉さんカッコよすぎて。てっぺん知らずで好きになるよー!!!!

 

 

無事帰ってきたけどなんかまだ夢心地。

素敵な友達を持ててわたしは幸せです。

 

 

 

最後に。

お友達は初めての関ジャニ∞

どうやらこちらの世界に落ちたようです笑

ずーっと横山くん横山くん言ってます(≧∇≦)

 

 

20040825

あの日、わたしは関東の田舎で普段通りの生活を送ってました。

普段とは違ったのは、なんだかソワソワして過ごしていた事。

 

大好きな(当時)8人の、記念すべき日。

関東在住なわたしはCDをその日に手にする事はできなかったけど翌日、松竹座で大好きな8人を見るために大阪に行き、そのCDを手にした瞬間の感情、今でも覚えてます。

 

これからもわたしはエイトを応援しています。

わたしのジャニヲタの歴史を振り返ってみる。

なんとなく、振り返りたくなったのでせっかくだしブログにあげてみようと思います。

完全に自己満。

グループ名の脇の年齢は当時のわたしの年齢です。

 

 

ジャニヲタのはじまり。

KinKi Kids【13歳~16歳】

 

スタートはキンキでした。当時人気絶頂期。クラスの女子は剛派と光一派に二分されてました。

ちなみにわたしは剛くん派。

初めて行ったコンサートもキンキでした。

 

 

渋谷すばる【14歳~18歳】

ジャニーズJr黄金期わたしも例に漏れずジュニアも好きでした。途中までは所謂掛け持ち。西のすばるが好きすぎて東の滝沢くん苦手だったことも含めていまだに録画した昔の番組みると懐かしさでいっぱいになる。

 

大倉忠義【18歳~現在】

もうね、こんなにずっと追いかけることになるなんて好きになった当時思ってなかったよ!

気付けば十数年追ってるよ!それこそ島の子供も現地で見てるよ!

こないだ過去のコンサートのパンフの大倉さんの記事を改めて最初から読み返してみました。

 

こんなに立派になっておばちゃん嬉しいよ!!!

 

ほんと、近所のおばさんみたいな気持ちになりました。年齢ほぼ一緒なのに笑

 

全く喋らないお地蔵さんだろうが、ヘタレだろうが、性格悪かろうがきっとわたしはずーっと大倉さん担なんだろうな。何度も降りそうなタイミングあったのに今も変わらず追っているのはきっと、そう言うこと。

 

 

衝撃……。

SMAP解散

 

Twitterを見ていたらこの言葉がずっとトレンドにありました。

でも、大丈夫だよって信じ込もうとしていましたが、ジャニネ、ジャニウェブにも載り、NEWS速報まで流れれば現実受け入れるしかありません。

 

わたしは特にSMAPファンってわけではありません。でも、物心ついた時にはテレビに映るSMAPのメンバーを見てきました。

わたしが初めて好きになったジャニーズはKinKi Kidsでした。キンキを語る上でなくてはならない存在のSMAP

大倉さんを好きになってからもやっぱりSMAPはどこか特別な存在だと思ってみてました。

 

そんなSMAPが解散。

 

そしてふと、エイトもいつかこんな日が来るのかな?なんて考えてしまいました。

デビュー前から見てて、デビュー前から追いかけてて、それこそグループ結成の瞬間の番組も数週間遅れではあるけれど(関東在住故、関西の友達に録画頼んでた)ほぼリアルタイムで見てきて。そのいつかの瞬間、きっと今より色んな感情が沸き起こるんだろうなって思うと大倉さんのラジオが終わったから寝ようと思っていたのに寝れずに今の時間を迎えてます。

 

なんかもう、何書いてるのかわからなくなってきた。

 

ただひとつ、言える事はこれからジャニーズ事務所を取り巻く環境も色々変わっていくと思います。

それでもわたしは何があっても、

 

関ジャニ∞を信じて付いて行くだけです。